モバイルビジネス通信

総務省のガイドラインで禁止された「端末ゼロ円販売」。販売価格が上昇したことで端末の買い控えが起きたと言われているが、実際のところはどうなのだろうか。通信キャリア各社の決算発表数値をもとに明らかにしたい。

前回の本誌でお伝えした通り、NFV/SDNの導入を契機としてITベンダが本格参入し通信キャリアとベンダの供給関係が複雑化している。その一方で、ベンダ間の提携、協業が活発化している。そこで今回は、各社の提携・協業関係を整理してみたい。

通信キャリア各社でNFV/SDN導入が進んでいる。ソフトバンクが2016年2月にvMMEやクラウドプラットフォームを導入し、NTTドコモも3月にオーケストレータやvEPCなどを導入したことは既報の通りである。

今回は、NFV/SDNの導入を契機として複雑化する、通信キャリアへの機器供給関係を整理してみたい。

前回整理したとおり、通信キャリア各社は「ネットワーク仮想化」に本腰を入れて取り組み始めた。そこで今回は、MCAが行った市場調査をもとに、今後どの程度の投資が行われていくのか見ていきたい。

2016年2月、ソフトバンクはエリクソンのvMME(virtual Mobility Management Entity)とクラウドプラットフォームを導入した。続く3月にはNTTドコモが商用ネットワークでのネットワーク仮想化技術の運用を開始している。各社が本腰を入れて取り組み始めた「ネットワーク仮想化」の現状を整理していきたい。

モバイル業界スナップショット:

MVNOのオプションとして広がりをみせる端末保証

競合他社との差別化や携帯キャリアからの乗り換えをにらみ、MVNOが端末保証サービスを相次いで投入している。

IT Forecast Report
最新 市場調査レポート
携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2016年版
セルラーキャリアのLTE-Advanced/5Gインフラ戦略及び投資動向と周辺部材市場をキャリア・ベンダ・エンジニアリング会社など多角的な視点から総合的に分析
携帯・スマートフォンの中古端末市場動向2015
消費者アンケートと事業者調査から2020年までの中古端末市場を予測、総務省における取り組みや第三者修理の動向も掲載
主要キャリアのネットワーク投資戦略と通信インフラ市場2015年度版
主要通信キャリアのネットワーク関連設備投資の動向分析を通し、ネットワーク機器の市場規模やキャリア内ベンダシェア等を予測

メールニュース

弊社発刊レポート「IT Forecast Report」の紹介やアナリストレポート、コラムなどを不定期配信中。無料でご購読いただけます(→詳細


アクセスランキング(8月15日更新)