モバイルビジネス通信

海外メーカーの国内参入やMVNOの独自端末など、SIMロックフリースマホの選択肢が広がってきた。そこで今回は、スマートフォン端末の製品数から、市場の動向を探ってみたい。

消費者庁は21日、プラスワン・マーケティングのMVNO「FREETEL」が自社サイト上で「『業界最速』の通信速度」などと記載したことが、景品表示法に違反しているとして措置命令を行った。プラスワン・マーケティングは指摘内容を認めている。

4月15日にインターネットイニシアティブ(IIJ)が開催したトークイベント「IIJmio meeting 15」。

登壇者による講演内容は別記事にて取りまとめた(総務省 内藤氏の内容IIJ 堂前氏、佐々木氏の内容)が、本記事ではイベントの最後に行われた質疑応答の内容を詳報したい。

質問に対しては、イベントの登壇者であるIIJの堂前氏、佐々木氏ならびに総務省の内藤氏が回答している。 なお、イベントの模様は当日リアルタイムで中継されており、Twitterでも質問を募集していた。本稿ではその内容も含めている。

4月15日、インターネットイニシアティブ(IIJ)はMVNO「IIJmio」のトークイベント「IIJmio meeting 15」を開催した。今回のテーマは「SIMロック解除」「フルMVNO」「今後の総務省の取組」の3つで、総務省の取組については既に別記事にて取り上げた通りだ。

そこで本記事では、残る2つのテーマについて、登壇したIIJ堂前氏、佐々木氏の講演内容をお伝えしたい。

MVNOが携帯キャリアのデータ通信ネットワークを借りる際の利用料にあたるパケット接続料が改定され、各社の数値が出揃った。

4月15日、インターネットイニシアティブ(IIJ)がトークイベント「IIJmio meeting 15」を開催した。これまで四半期に一度、同社の担当者が一般の利用者に対して話題のトピックを伝えてきたが、今回は総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 料金サービス課 企画官の内藤新一氏も登壇した。

IT Forecast Report
最新 市場調査レポート
キャリア向けNFV/SDN関連市場の現状と将来予測 2016年版
5Gに向け、進むキャリアやベンダ各社のネットワーク仮想化への取り組み
携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2016年版
セルラーキャリアのLTE-Advanced/5Gインフラ戦略及び投資動向と周辺部材市場をキャリア・ベンダ・エンジニアリング会社など多角的な視点から総合的に分析
携帯・スマートフォンの中古端末市場動向2015
消費者アンケートと事業者調査から2020年までの中古端末市場を予測、総務省における取り組みや第三者修理の動向も掲載

RSS(フィード)/メールニュース

【RSS】モバイルビジネス通信の最新記事を購読いただけます。
【メール】週1回、モバイル関連ニュース、弊社レポート「IT Forecast Report」紹介などを配信いたします。(→詳細


アクセスランキング(4月17日更新)